2016年6月3日金曜日

木喰 書がすごすぎる


このあいだ、
三味線のお師匠さんのところで
順番待ちしているときに、

なぜかみせてくださった、
木喰の作品集にのっていた書が
激烈にやばかったです

(木喰といえば仏像だけど、
木喰の仏像はあんまり興味ありませんでした)


300年前のひとです!

かっけえ!




こんな書はじめてみました!



手型もやばすぎます、
どうやったか謎だそうです
宇宙人かな



 
仏の絵も力が抜けてて梵字がびっしり
ファンキー
下のは91才で描いたそうです


落款が斜めに押されまくってて、
これも初めてみました


木喰は、生の木の実や木の根を食べていたそう!
(一生そうだったかはわからないです)



 こんど引っ越すお家の横に、
見ざる言わざる聞かざるの
石碑があって、
謎に思っていたのだけど、
この本のお陰で
庚申信仰のものだということが
わかりました

These are  the calligraphy of Mokujiki. He lived 300 years ago.
I never saw such a avant‐garde style of Calligraphy in my life.


3 件のコメント:

  1. 300年前だなんて信じられない、凄い!びっくりしました!
    本当、ファンキーでかっこいいですねぇ。

    これを発見しちゃうタカノさんもかっこいい‼

    返信削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  3. e ☆ mikoさま
    おひさしぶりです^ ^
    すごいですよねーー!わーい^ o ^

    返信削除