2014年2月25日火曜日

すべてが至福の海にとけますように タカノ綾

カイカイキキギャラリーの
お知らせが、もっと詳しくなったので
そのままのせさせてもらいます。
スタッフの阿部ちゃんががんばってくれたのだとおもいます。
ありがとう!

http://gallery-kaikaikiki.com/

オープニングパーティー(6日)
どなたでも入れます!
ウェルカムです!(^ o ^)
場所がわかりにくいかもしれません。
気をつけてね。

すべてが至福の海にとけますように

タカノ綾

2014年3月6日 – 2014年4月2日
閉廊日:日曜・月曜・祝日
レセプション:2014年3月6日(木)18:00〜
レセプション出演者:
JOSEPH NOTHING(DJ)
坂東以津緒(日本舞踊家)
富士松延治太夫(新内節)

トークショー

第1回
辻信一(文化人類学者)x タカノ綾(アーティスト)
2014年3月7日(金)19:00〜20:30

第2回
三上丈晴(雑誌『ムー』編集長)x 雪舟えま(詩人)x タカノ綾(アーティスト)
2014年3月29日(土)15:00〜16:30
作品集「すべてが至福の海にとけますように」
3月発売
2,900円/カイカイキキ刊
※会期中、会場にて販売致します。

タカノ綾 × 東信 「終焉の森、そして始まり」
展覧会ではフラワーアーティスト東信さんとのコラボレーションにより、7mの森がギャラリー内に出現します。
azumasketch
Sketch by Azuma Makoto
news36_ph02
「終焉の森、そして始まり」の中に加えられる黄色いハンカチは、タカノ綾が震災後の仙台の荒浜を訪れた際、黄色いハンカチが青い空の下ではためく景色に感銘を受け、ぜひ入れたいと現地の皆様の協力を得て取り入れたもの。
こちらは「希望の黄色いハンカチ大作戦」という、仙台荒浜のふるさと再生を願う住民の方々と支援者の取り組みです。今回は団体への応援の気持ちを込め、作品の中に取り入れています。

プロフィール

本展に参加くださる皆様をご紹介します。

COLLABORATION

東信
prof_azuma
1976年生まれ。フラワーアーティスト
2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年からフラワーアーティストとしてニューヨーク、パリ、ドイツなど、国内外で精力的な活動を展開。2009年より、植物の可能性をさらに追求する実験的植物集団「東信、花樹研究所」を立ち上げ、植物をキーワードに様々な分野で幅広く活動している。
東の全てにおける活動は、花・植物のみが有しているもっとも神秘的な形を見つけ、それを美的なレベルに変換し表現する事で、植物の価値を高める事に一貫している。

EXIHIBITION SOUND & OPENING PERFORMANCE

joseph nothing
prof_joseph
1998年『あまちゃん』作曲家の大友良英氏率いるGround Zeroのアルバム『Consummation』にRom=Pari名義でリミキサーとしてキャリアスタート。2001年よりBjorkやAphex Twinのリミックスをつとめるμ-ziq主宰のPlanet-μ recordsより2枚のアルバム、シングル、コンピレーションを発表。2007年よりタカノ綾アートワーク全面参加の廃墟病院で制作された三部作『Shambhala number one,two and three』をUMAA recordsよりリリース。
他にもリミキサー、CM音楽作曲家、アレンジャーとして国内外の楽曲制作を多数手掛ける。
公式web site http://josephnothing.com/

OPENING PERFORMANCE

坂東以津緒
prof_bando
昭和31年横浜に生まれる。2才より母である坂東三津以に手ほどきを受け、3才で初舞台をふむ。15才で坂東流師範を許され古典を中心に勉強し舞踊の道を志す。
平成7年8年と日本舞踊社主催「みそみ会」で「年増」「まかしょ」にて入賞。また、平成8年より(社)日本舞踊協会主催の新春舞踊大会にて「供奴」「玉屋」で奨励賞、「源太」「年増」「流星」で大会賞、平成13年 の 「流星」は大会賞に併せて特別賞文部科学大臣奨励賞を受賞。文化庁主催「本物の舞台芸術体験事業」公演やNHK主催「芸の真髄」公演、国立劇場自主公演など多数出演。古典舞踊をライフワークとしているが、同時に創作舞踊の振付けも手がける。
昨年は宮沢賢治の「いちょうの実」など朗読と舞踊をコラボレーションさせた作品を発表。現在、横浜に稽古場を持ち指導をしながら古典、創作を問わずいろいろな舞台に出演、活動している。
富士松延治太夫
prof_fujimatsu
昭和19年5月、横浜に生まれる。昭和44年に新内勝恵師に師事。
昭和64年に横浜野毛飲食街で新内流しを復活する。平成2年には新内協会理事長、富士松長門太夫師の後見で新内節相模派を創設し、富士松延治太夫を名乗る。近年の活動として、平成17年、 芸歴40周年記念演奏会開催。平成20年、創流20周年記念演奏会開催。平成21年、第64回文化庁芸術祭参加等。

TALK SHOW

辻信一
prof_tsuji
1952年生まれ。文化人類学者。環境運動家。明治学院大学国際学部教員。
NGO「ナマケモノ倶楽部」世話人。NPO「カフェ・デラ・テラ」共同代表。「スローライフ」「GNH」「キャンドルナイト」などをキーワードに環境=文化運動を進める一方、環境共生型の「スロー・ビジネス」にも取り組んできた。
東日本大震災以後は、「ポスト311を創る」キャンペーンを展開。著書に『スロー・イズ・ビューティフル』(平凡社ライブラリー)、『自然農という生き方~いのちの道を、たんたんと』(川口由一氏との共著、 大月書店)『ナマケモノ教授のぶらぶら人類学』(SOKEIパブリック)など。映像作品には、『川口由一の自然農というしあわせ with 辻信一』(ゆっくり堂、DVDシリーズ「アジアの英知」第2巻)など。
三上丈晴
prof_mikami
1968年9月9日生まれ。青森県弘前市出身。筑波大学自然学類卒業。1991年、学習研究社(学研)入社。『歴史群像』編集部3か月を経て、入社1年目から『ムー』編集部。2005年に5代目編集長就任。
三上は言う、「『ムー』は、『日本で唯一真実が書いてある』雑誌」。「日本で起きた超能力やUFOブームの影にはいつもこの雑誌があった」。
雪舟えま
prof_yukifune
©吉原洋一
1974年札幌市生、歌人、作家、ボーカリスト、占い師。
著書に歌集『たんぽるぽる』(短歌研究社)、小説集『タラチネ・ドリーム・マイン』(PARCO出版)、『バージンパンケーキ国分寺』(早川書房)、絵本『3びきのこねこ』(福音館書店)など。バンド「スリリングサーティー」でボーカルを務めるほか、ジュテーム★マミィ名義で占い師活動も。
公式web site http://yukifuneemma.com/


2014年2月24日月曜日

志村ふくみさん

人間国宝の、志村ふくみさんが
3日間だけ、浅草の茶寮一松とゆうところで
卒寿(90才!)の記念展をやってらしているのを
知り、すごく忙しいのだけど、
ムリヤリ行ってしまいました!

行って本当によかったです!!!

草木染めをして、自分で織られて着物を作っていらっしゃいます。

タマネギだけで染められた、
無限の茶色がある、チェックの着物とか、
紅花だけで染められているのに
優しいショッキングピンクに染まっている着物とか、
本当に不思議だし、
デザインもモダンだし、着やすそうだし、
タイトルもかなり素敵です。
(うろ覚えだけど、夕べの曲?とか、
マチスの部屋?、とか。。うろ覚えですみません( > < ))
私は基本物欲があまりないのですが
激しく欲しくなってしまいました!





↓会場で買って、帰りの電車で読んだのですが、
 言葉も本当に本当にいいです。

鼠色を音楽の半音に例えたり、
染め物を、天体の運行とも関係する、とおっしゃったり、
本当にかっこいい!



鶴田真由さんが監督されている
志村ふくみさんのドキュメンタリーです。

2014年2月20日木曜日

南三陸町 、 荒浜 - 希望の黄色いハンカチ

こんにちは。
18日に最終の絵の締め切りでした。
(まだいろいろあるのですが)

少しまえに東北にいってきました。

これは神割岬とゆうところです。
(神が割ったとゆう岩があってとてもキレイ) 



ホテル観洋とゆう、
壊滅してしまった街と海を見渡す
ところに泊まって(たまたま!)、
語り部バスという、震災について
語ってくれながら
街のあったところを回ってくれるバスにのりました。




街や駅があったって、言われないととても信じられない。


ホテルで売っていたこの本を読んで
いろいろ詳細を知りました。
素晴らしいホテルだし、とても良い本でした。





そのあと、去年?の香港展で、
私の絵のモチーフにさせて頂いて、
来月の個展でも絵にすごく影響があって、
黄色いハンカチも使わせていただく
荒浜へいきました。

荒浜も壊滅してしまった街です。
みなさんは戻りたがっていらっしゃいます。

希望の黄色いハンカチ大作戦
http://yellowarahama.at.webry.info/

貴田さんがお1人で作ったというロッジ!







間になってくださった名古屋のNPOの
名畑さんのおかげで、
色々本当に貴重なお話を、以前からメールでやりとり
させて頂いていた庄子さんや、代表の貴田さん、
庄子さんの旦那さんや漁師さんの女性から
聞かせていただきました。

またこんど詳しく書きたいとおもいます。




 はじめて行った時は夏で、
たまたま通りかかって、
天国のようだったんです。

そういえば、香港展の、天国の部屋の絵について
書いてなかったですね。

仙台を車で走っているとき、
ずーっと壊滅した街の跡があって、
立ち入り禁止の看板が沢山沢山あって、

その中で黄色い手作りの看板があって、
遠くに黄色い旗がはためいていて、
なんだろう。。と思って、
立ち入り禁止なんだけど、
どんどん奥に入って行きました。


一番奥にいくと、
信じられない位美しい浜が広がっていて、
ピクニックや海水浴をしている子供たちがいて、
犬の散歩をしている人たちがいました。
何かが始まる気がしました。



ママチャリで旅をしているような子たちも
何人か見かけました。






下は香港展用に、
それで描かせてもらった絵です。






カラスの教科書


ちょっと前にこの記事をおしえてもらって
http://portal.nifty.com/kiji/140122163060_1.htm
(カラス先生と行くカラス観察ツアー)

毎日ちょっとずつお風呂で読んでて
よみおわりました。

とっても面白かった!
先生の絵も激うまでした。

京大出身の、カラスを何十年も一筋に研究している先生で、
この本を読んでカラスの種類の見分けがつくようになったよ。
先生もカラスも可愛い。

tofubeats - おしえて検索 feat.の子

神聖かまってちゃんの の子さんとtofubeats
歌詞もおもしろいとおもいました。

2014年2月17日月曜日

ゆき

こんにちは、

雪すごかったですね!

違う世界みたいだった。

また降るみたいだから雪だるまつくろう!
金曜はタクシーで帰ろうとしたら
タクシーがつかまらず、電話も通じず、
ヒュウマ君を抱っこして歩いて家まで帰りました。
筋肉痛になりました。

誰もあるいてなくて、
木の枝とか全部雪がのってて、
歩道と車道の区別もなくなってて、
雪の上を風が吹いていって、
雪の粒がぐるぐる渦巻いていて、
20年前のアメリカのメイン州をおもいだしました。



これは夏です、
絵のクジラとヒュウマ君が似てる!


今日が個展の大体の作品の締め切りです。

これからヒュウマ君をつれて
でかけます!

ひざとか肩がいたい!( @ @ )


大森靖子-魔法が使えないなら

お墓がでてくるのがいいな。

2014年2月14日金曜日

手紙魔まみ、夏の引っ越し(うさぎ連れ)


穂村弘さんの
「手紙魔まみ、夏の引っ越し(うさぎ連れ)」
単行本になったのをいただきました。

13年も前に出た
ほんとうにスペシャルな本です。

まだ任天堂で働いていたとき、
京都の寮のワンルームの中で絵を描きました。
なつかしい。


このまみちゃんと、
29日に、個展会場で、
ムーの編集長さんと一緒にお話します。
雪舟えまちゃん。


ちょうどまみちゃんにオファーしているやりとりを
していたタイミングで単行本化のメールをもらって
すごい奇跡みたいとおもいました。

また締め切りの波がきて
とてもいそがしくなってしまいました!

またいろいろお知らせします。





2014年2月4日火曜日

すべてが至福の海に溶けますように May All Things Dissolve in the Ocean of Bliss



©2014 Aya Takano/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.(b


「すべてが至福の海にとけますように」 “May All Things Dissolve in the Ocean of Bliss”
□日程:3月6日(木) - 4月2日(水) ※初日18:00よりオープニング
□時間:Open: 11:00-19:00 / Closed: 日、月 、祝
□場所:Kaikai Kiki Gallery 東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルB1

トークショー
第1回 辻信一(文化人類学者) x タカノ綾(アーティスト)
□日時:3月7日(金) 19:00-20:30
□場所:Kaikai Kiki Gallery
□入場:無料
※詳細は http://gallery-kaikaikiki.com/ にて告知致します。
第2回 三上丈晴(雑誌『ムー』編集長) x 雪舟えま(詩人) x タカノ綾(アーティスト)
□日時:3月29日(土) 15:00-16:30

作品集『 すべてが至福の海にとけますように』
個展のための新作を含む約40点の珠玉の作品群。美術評論家・松井みどり氏との対談も収録。
□予価:3,500円/カイカイキキ刊
※ドローイングのみを集めた別冊も同時刊行予定です。


昨日ついに搬出がありました。

この1年くらい奴隷のように働きました!
ほんとにほんとにつかれました!!
2年くらいやすみたい!( > < )

よかったらいらしてください。(^ o ^)/
またくわしくかきます。








毎日毎日ありがとうヒュウマくん!