2014年8月24日日曜日

岩手のおばあちゃんち

こんにちは。

わたしの両親は岩手出身で、
お父さんもお母さんも
旧姓が「たかの」です。
(漢字がちょっとだけ違う)

お家もまあまあ近いです。
どっかで血が繋がってるかも。。

10年ぶりに訪問しました。
(ちゃんと頻繁にいってたのは
20年よりもっとまえかなあ。)



ご先祖の、お墓へのみちです。
(お母さんが花をもっている)
お家のすぐ裏。



お供えしたのは、
お母さんのお兄さんのお嫁さんが
お庭で作ったお花だそうです。
すごい奇麗!!



お母さんのお兄さんは
逹寿(たつじゅ)さんといいます、
いい名前!



逹寿さんは、ずっと牛(肉牛)を飼っていて、
牛飼いを3.11以降やめちゃったそうです。



ちっちゃいころからずっと沢山牛さんがいたので、
小屋はそのまんまなのに、
牛が全くいなくて、すごく不思議でした。

自分がベジタリアンなのに
皮肉なことだなーと思っていたので、
かえってよかったのかも、っておもいました。



 野菜があちこちに置いてありました。
(捨ててるの?っていったら、置いてあるんだよーって
ゆっていました)




この絵、玄関にわたしが小さい頃からあって、
きになってたんだけど、
聞いたら、逹寿さんが、ビーズで
つくったみたい。。。。
かなりのクオリティーだ!(@ @ )


逹寿さんや、岩手の親戚のみんなは、
UFOとか、火の玉とか、普通にみてるそうです。
すごい不思議です。
けっこう前に死んじゃった、
おじいちゃんもおばあちゃんも、見たってゆってました。
火の玉は七色だったそうです。
かいてる日記も見せてもらったよ。


あと、夏油温泉っていう秘湯にいって、
(混浴で、入りました!男子しかいなかった!(@ @ ))


そのあとこの↓お祭りをみようと思ってたら、
増水で延期になっててみれませんでした!( > < )




祭りが延期で悲しんでいたら、
タクシーの運転手さんが
もりおか歴史文化館というところに
いつの間にか連れてってくれてて、
最初びっくりしたけど、
 結果的にとてもよかったです!


↑これは、巨大な山車(だし)です。



わたしは珍しい山車に目がなくって、
http://japan.digitaldj-network.com/articles/6025.html
これは明治3年の山車だそうです!
(いつかのせたかな?)
これを思い出したり、いろんな
浮世絵を思い出しました!


あと、ちょうど判じ絵の企画展がやってて、
判じ絵について知れてよかったです!
シュルレアリスムとかより、
見た目がむしろめちゃめちゃシュールって
おもいました!
↑これは「歯」、と、
「ねこ」の逆さま、「こね」で、
「はこね(箱根)」だそうです。
(なぜかハンニャだと思って買いました)

こういう素地があって、
日本のひとはいわゆる
「親父ギャグ」がすきなのかな。。とおもいました。


あと可愛い飲みやさんにいきました。

アスファルトがほとんどないところは
やっぱいいなあ。。と思いました。



0 件のコメント:

コメントを投稿