2014年5月12日月曜日

リトルフォレスト、「ジヌよ、さらば」、 里山資本主義、 百姓貴族など

こんにちは。

たまたまリトル・フォレストが映画化するのをみつけて
とてもびっくりしました。




原作が、
すごく好きな五十嵐大介さんのマンガで、
東北で自給自足する子の話です。

すっごい大変そうだけど、憧れる生活だったんです。
結構昔に描かれた作品だし、映画になるような
派手なお話ではない。。(いい意味で)と思っていたので
びっくりしました。

作者の五十嵐さんが主人公で、似た感じで実話が元の、
ニャンコと田舎で暮らすマンガも好きです。
(「カボチャの冒険」といいます。
てゆうか五十嵐さんの他の作品もとても好きです。)



あと、松尾スズキさんが、
東北で自給自足して暮らす人の映画を撮り出したそうです。




あと、BIG ISSUEをよんでて、この本が気になって
amazonで買ったら、お父さんが読んでいた本と同じだったのですが、


さまざまな地方が、それぞれのやり方で、
自治体内で循環するいろんな生活を考えていて、
国内や海外の成功している実例とかも沢山あって、
とても面白かったです!
素晴らしいと思いました。

キリンさん型のペレットグリルヒーターが欲しいとおもいました。
口から煙が出てかわいいかった!


あと、荒川弘さん
(鋼の錬金術師読んでました!弟から見せてもらって。。)
が、北海道のご実家で畜産と農業をしてらした頃の
マンガが面白かった!しかもすごく売れているみたい。


何となく、3.11のあと、
全体的に、自給自足や、自治体内で循環していく暮らしを、
みすぼらしいものじゃなくて、
豊かで楽しいもので、やりたいものだって
沢山の人が思い始めているっぽい気がしてます。

0 件のコメント:

コメントを投稿