2014年2月24日月曜日

志村ふくみさん

人間国宝の、志村ふくみさんが
3日間だけ、浅草の茶寮一松とゆうところで
卒寿(90才!)の記念展をやってらしているのを
知り、すごく忙しいのだけど、
ムリヤリ行ってしまいました!

行って本当によかったです!!!

草木染めをして、自分で織られて着物を作っていらっしゃいます。

タマネギだけで染められた、
無限の茶色がある、チェックの着物とか、
紅花だけで染められているのに
優しいショッキングピンクに染まっている着物とか、
本当に不思議だし、
デザインもモダンだし、着やすそうだし、
タイトルもかなり素敵です。
(うろ覚えだけど、夕べの曲?とか、
マチスの部屋?、とか。。うろ覚えですみません( > < ))
私は基本物欲があまりないのですが
激しく欲しくなってしまいました!





↓会場で買って、帰りの電車で読んだのですが、
 言葉も本当に本当にいいです。

鼠色を音楽の半音に例えたり、
染め物を、天体の運行とも関係する、とおっしゃったり、
本当にかっこいい!



鶴田真由さんが監督されている
志村ふくみさんのドキュメンタリーです。

0 件のコメント:

コメントを投稿