2011年5月29日日曜日

マリス博士の奇想天外な人生




















ノーベル化学賞の受賞の知らせを聞いて
サーフィンしに行ったり、
LSD使用を公言したりしてる
おもしろい博士の自叙伝みたいな。本です。

訳した福岡先生がゆってたのですが、
クモにLSDを与えると、
とても規則的なおもしろいクモの巣を
つくるんだって。



3 件のコメント:

  1. 面白い博士っていうとファインマンを思い出しますね(量子力学の研究とか原爆開発とか…とにかく「ご冗談でしょう、ファインマンさん」て本が有名ですが)。このマリス博士のも読んでみよっかな

    返信削除
  2. thさんこんにちは。。はじめまして?
    ファインマンさんの、
    途中まででほっぽってある。。
    面白いですよね。
    マリスさんは、時系列がバラバラだけど、
    いろいろ知らなかった事が
    かいてあって ちょっとおもしろいとおもいます。

    返信削除
  3. ちょっと前に秋葉原MOGRAで握手してもらいました。その節はどうもありがとうございました。

    で、今日読んだんですけど、ちょっと危ない薬の話が可笑しいですね(下痢や咳に効くのでお母さんがくれたとか…)

    生体関係の化学は今ひとつとっかかりが無くて悶々としてたのですが、この本をきっかけに拡げていけそうな気になりました

    返信削除