2010年6月18日金曜日

マリアンヌの夢

わたし 今、読売新聞の
梨屋アリエさんの
書評の
挿絵をかいています。

それで、児童文学を
読む機会がとても増えて、

小学生だったとき、
児童文学が
めちゃくちゃ 大好きだったのを
おもいだしました。






















キャサリン・ストー作
Marianne Dreams
catherine storr


小学生のときに
図書館で借りてよんで
衝撃でした。

今でもすごく 覚えています。

恐くて美しくてスゴく楽しかった。

病気になったマリアンヌは,あるとき自分が描いた絵のとおりに夢の中の世界が動いていることに気づきます.子どもにとっての〈不安〉と〈恐怖〉を描く異色のファンタジー.
↑アマゾンより。

映画化もされていてビックリ。
youtubeで paperhouseで検索するとみれるけど、
イメージ ゼンゼンちがいます。

キャサリン・ストーは精神科医でもあったみたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿