2010年2月27日土曜日

茶目子の一日

昭和初期が 大好きなのですが
昭和6年(1931年)に作られた 
茶目子ちゃんの1日のアニメ。
スゴク変でカワイイくて だいすき。

お母さんがまだ お家で 日本髪を結っていたり
足袋やさんが まだあったり
道でブタとか動物 普通に運んでたんだなあ とか
ライオン歯磨きが もうあるんだ! とか
おもしろいです。
そして こういう世界が 消えてしまって 悲しいです。

very old japanese animation. it was made in 1931.
many stuff are different from now.
it's so cute, and it is very sad that these are disappeared because of the war
or influence of overseas culture or economic growth or so on..

3 件のコメント:

  1. ;_; so nice ! past year I had a subject called 'history of animation' and we view some oldie stuff from usa, europe and japan but I think japanese was postwar stuff like ozamu tezuka and so. but was pretty interestinggg

    返信削除
  2. タカノさん、こんにちは!
    ご無沙汰しています。NYの個展の時にお会いした翻訳のオオシマですっ
    いつもブログみてますよ〜!

    うちのおばあちゃんが3歳の時に作られたアニメーションを見るなんて、感慨深いです。
    私もライオンの歯磨きとか、あぁ 昔から朝は大忙しなんだぁ とか、感心してしまいました。

    またきますね〜♪

    返信削除

  3. i'm glad that you like it!

    Nozomiさん
    こんにちは! おげんきですか!
    お婆さんご健在ですか?
    翻訳いつもありがとうございます。変な英語がばれてはずかしい!

    返信削除